企業のインターネットマーケティング
企業のイメージや信頼性を高める目的でホームページを開いたり、オンラインショッピングのWebサイトを開設したりすることもインターネットマーケティングの一環です。これら自社サイトは公式サイトと言われます。
特にオンラインショッピングでは顧客が特定され購入商品履歴が記録されますので、いろいろな宣伝を効果的にターゲットに配信できますし、双方向コミュニケーションなので特典によるアンケートなどによる市場調査も実施できます。
企業のマーケティングに公式サイトにおけるお試しキャンペーンや新製品の商品テストを行ったりして顧客化を図るのも重要です。同時に他者のWebサイトやSNSへのバナー広告やアフィリエイトを行うことも集客の一環として重要なインターネットマーケティングとなっています。
インターネットは双方向コミュニケーションができるため、企業の一方的な情報供与だけではなく生活者の意見や質問がかえってきます。商品テストや各種調査により商品や会社への深い理解が得られ、顧客化ができます。小売店に商品を卸し、キャンペーンを掛けたりマスメディアでの宣伝を行う従来のマーケティングのように一気に告知・販売するものではなく、より緻密に生活者に向き合うマーケティングだと言えるのではないでしょうか。

インフルエンサーマーケティング会社
集客のためのSNSやブログへの広告は、影響力が強いインフルエンサーに依頼することが重要で、インフルエンサーマーケティングの目的でもあります。同時アフィリエイトのようにブロガーに広く広告をばら撒き、出来高により広告費を支払う方法があり、そういう仕掛けを専門にする代理店もあります。
インフルエンサーに商品を使ってもらい、その体験談や評価を同じ消費者の意見としてブログで伝えたりツイートしてもらうことにより、直接企業が情報を配信するよりも信頼性の高い大きな効果が得られるのです。
なお企業とインフルエンサーとの間には代理会社がいくつか存在し、企業が望むジャンルのインフルエンサーを選定することができます。インフルエンサーごとにフォロワーやツイッター数等を加味した「ソーシャルスコア」や「ソーシャルランク」等が代理店で付けられており、テレビ広告でいう視聴率に当たるもので広告代にに反映されています。
例えば有名なペットブリーダーのブロガーがペットフードを食べさせる映像を掲載し商品の説明をしたり、有名な旅のブロガーが宿泊する旅館のたたずまいや部屋の雰囲気、温泉や料理紹介したり、地域の名物をおみあげとして説明したり紹介したりします。